▶鑑定申し込みについて

【まとめ】ふり返り星読み_2022年4月の星の会合


地球視点ではなく、太陽視点で見つめる占星術…ヘリオセントリック。

ヘリオ(略)では、「月」は地球の衛星として見ますので、日々の調子などを見るポイントになりません。かわりに「地球」を含めた太陽系の星々の配置から、どのような影響があるかを考えます。

「ふり返り星読み」とは、私が使用しているヘリオセントリック占星術(天体と角度のみで体感をメインに使う太陽視点の占星術)を用いて、星々からどのような影響を受けているか知る方法です。
(※このヘリオセントリック占星術は、星読み協会の森野卸土日古先生の占術です。)

詳しくはこちらのブログで解説してます→「ふり返り星読み」で“縁のある星”を探してみよう

2022年4月のふり返り星読み

2022年の4月では、全部で6日。
星の会合としては、全7回ありますね。

今月も周期の短い「水星」と角度を取る星が多く、状態としては「開き」という向かい合う角度となります。4月という慌ただしさもあり、ちょっと疲れやすい、または頑張りたいことが多すぎて動きすぎてしまう…なんてことがありそうですね。

「水星」は太陽から一番近い惑星であり、「思考、情報、知性、コミュニケーション、言語表現」など、私達の脳内活動から生まれる動作に影響を与えている星です。

※詳しくは→ヘリオで使う9つの天体が伝える「魂」の目的とは?

きなこ

きなこ

「開き」の時は、見直しや、向き合わなければいけない、という意味で活性化しやすいものの、苦手なことであったりする場合や、「体調への変化」として影響を感じる人が多いように感じますね。

また、個人的には19日に訪れる「火星✕冥王星」の結びが気になります。

「火星」の外側へ発信しているエネルギーと、「冥王星」の個人の意思は関係なく、必要なことを引き起こす強烈なエネルギーが一体化する日です。

「冥王星」の動きは、太陽系の一番外にありゆっくりとしているため、前後数日におよび影響を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

何が起こるのか…ドキドキしますね。

4月の「星の会合」一覧

※結び → 0度(コンジャクション)
※開き → 180度(オポジション)

  • 3日  08:00頃 「水星✕地球」の開き
  • 8日  23:00頃 「水星✕天王星」の結び
  • 15日 04:15頃 「水星✕金星」の開き
  • 19日 17:15頃 「火星✕冥王星」の結び
  • 20日 16:00頃 「水星✕冥王星」の開き
    〃 18:30頃 「水星✕火星」の開き
  • 24日 11:30頃 「水星✕土星」の開き

★新月→4月1日  15:25(月は牡羊座)
★満月→4月17日 03:56(月は天秤座)

ヘリオセントリックで読む2022年の春分の日

月初1日には、ジオセントリック(地球中心の占星術)で言うところの「牡羊座の新月」がありましたね。

ヘリオセントリックでは地球から見た星々の配置を読んでいるため、地球の衛星である「月」を読むことはありませんが、物質世界そのもの=地球、個人の肉体や精神=月であるとすれば、新月・満月と、「ふり返り星読み」で感じる内容は、ちょっと違うことがわかるかな、と思います。

きなこ

きなこ

物事のスタートや、挑戦の象意を持つ牡羊座。
新月より満月の影響を受けやすい気がしている私ですが、今年はあやかって、4月1日より新しい仕事を初めてみました。
(物理的行動)

  • 月→実際的な個人の肉体・精神への影響(感情とか「やる気」)
    地球という物質世界での影響(潮の満ち引きや、植物の成長など)
  • 地球→物質世界に作用するエネルギー(当ブログで扱っている“魂”)

ともすれば、「春分の日」を境に巡るであろう魂というエネルギーは、私達にどのような作用をもたらすのでしょうか?

星と角度から見た私の感想をTwitterでツイートしてみました。

人々との交流によって役割を持つ「循環型タイプ」の角度(120、60、30)が「火星」の行動力を持って形成されています。

【人との繋がりで生まれるエネルギーを使って、現状をどんどん変えていく。試行錯誤!】

というような、非常に前向きなエネルギーをイメージさせます。

また、生み出されるものや必要となりそうなスキル、能力としては、「イメージをカタチに変えていく力」。

「金星✕火星」の45度がありますから、喜びと創造が鍵となりそうです。

巻き起こる価値観は「木星✕土星」の30度と控えめな「小さな助け合い。できることで調和をはかる」という雰囲気が中心です。活発な「火星」的活動が目立つ1年となりそうですが、暴力的激しさや、更地にしてから何かを始めようというような極端さは無さそうです。

2022年4月の星の会合について感じたこと

気になる「体感」がありましたら追記していきます(4/10時点)

4月3日「水星✕地球」の開き

知的活動や情報そのものを象徴している「水星」と、肉体感覚から“気づき”を得る「地球」の開き(180度)の日。

内惑星同士の組み合わせは、備えている才能や役割の力を、もっと開花させていく作用があると言われていますから、今生でこれらのエネルギーを行使するであろう人にとっては、大きな発見や取り組まねばならない課題が見えたかもしれませんね。

また、頭痛やだるさといった不調を感じることもありそう。

4月8日「水星✕天王星」の結び

「天王星」の現状を突破する目的、改革したり刷新していくという目的を受け取りやすい日。

新製品や目新しい情報も飛び込んできそうです。また、あなたにとって、今より現状が良くなる素晴らしいアイデアが思いついたり、見つかったりするかもしれませんね。

きなこ

きなこ

私はもともと「水星✕天王星」の繋がりを持っているせいか、気がついたら夢中になって、夜中、今抱えている問題点の解決方法をネット検索していました(笑)!
なんともわかりやすい…!

https://twitter.com/kina0ko0hoshi43/status/1512709820897726468

4月15日「水星✕金星」の開き

https://twitter.com/kina0ko0hoshi43/status/1514762432375582724

4月19日「火星✕冥王星」の結び

4月21日「水星✕冥王星」の開き、「水星✕火星」の開き

21日は同日に2回の星の会合がありました!

「水星」に縁のある人であれば、なんらかの過剰な反応があったかも…

4月24日「水星✕土星」の開き

夢と希望溢れる1年の始まりを!

どれだけ現実が苦しくとも、それを認識しているのは私達自身であり、受け取り方や重視している事柄、価値観などによって印象は変わります。

「取り組まねばならない課題」が見えているのなら、それは現状をより良くするための道筋が見えてきているということ。

ぜひ、大切な情報や、あなただけの閃き・感覚を大切にお過ごしくださいね!

また、春は気温の変化が著しい季節。心身の無理は禁物です。

焦る時は、優先順位をつけて全てを抱え込まないように、気をつけてみてくださいね。

繰り返してわかるこんなこと

  • 自分が影響を受けやすい星…『縁のある星』がわかる!
  • 自分で選んでいる、他者のせいである、と思っていたことが、実は宇宙の流れの一部であった可能性を感じられる
  • どうにもならない事が、本当にあるのだと、森羅万象という大きなモノが感じられる

・縁のある星ってなに?→「ふり返り星読み」で“縁のある星”を探してみよう

・天体の意味を確認してみよう→ヘリオで使う9つの天体が伝える「魂」の才能と目的とは?

★ご依頼ご相談はお気軽に★

→鑑定の「口コミ」はこちらから確認できます

『ココナラ』での評価「★4.9」!!
※サイト内から口コミ確認できます

関連記事