鑑定依頼について

【まとめ】ふり返り星読み_2021年10月の星の会合

「星の会合」とは、私が使用しているヘリオセントリック占星術(天体と角度のみで体感をメインに使う占術。星読み協会の森野卸土日古先生の占術です。)において、天体同士が影響しあう角度をとる日のことを指しています。

詳しくはこちらのブログで解説してます→「ふり返り星読み」で“縁のある星”を探してみよう

2021年10月のふり返り星読み(Twitter)をまとめました

10月は逆行していた「冥王星」「土星」「水星」「木星」が、少しずつ順行に戻っていく月です。

トラブルやままならなかったことも、次第に動き出していきます。

ヘリオ的にみても、特に動きの早い「水星」に関する「会合」が多い月ですから、思考感覚や「閃き」に注目してみるといいかもしれませんね。

きなこ

きなこ

わかりやすいのは、「体調の変化」や、アクシデント。
他にも、『感覚』や『出来事』は、ひとそれぞれ、魂それぞれに感覚が違うので、思いついたことをまとめてみるといいですよ!

詳しくはこちらのブログで解説してます→「ふり返り星読み」で“縁のある星”を探してみよう

10月は、

  • 3日 10:45頃 「金星✕土星の結び」
  • 4日 23:30頃 「水星✕海王星の結び」
  • 8日 14:00頃 「地球✕火星の開き」
  • 9日 21:15頃 「水星✕火星の開き」
  • 10日 01:15頃「水星✕地球の結び」
  • 14日 16:30頃「水星✕天王星の結び」
  • 16日 05:15頃「金星✕木星の結び」
  • 26日 14:00頃「水星✕冥王星の開き」
  • 28日 16:00頃「金星✕海王星の結び」
  • 29日 12:45頃「水星✕土星の開き」

※また、より体感を感じやすい「新月」は、6日の20:06頃。
「満月」は、20日の23:57頃です。

2021年10月のふり返り星読みで、あなたの「魂」の感覚を感じよう!

「ふり返り星読み」をすると何がわかるのか?

それは、月の満ち欠けと同じように、天体の位置によっても、私達は何かしらの影響を受けていると感じられることです。

人によって、それが「気分」「体調」「出来事」「思考パターン」など、様々なカタチで現れることを確認し、改で、ご自分との『縁のある星』について、感じ考えてみてくださいね!

・縁のある星ってなに?→「ふり返り星読み」で“縁のある星”を探してみよう

・天体の意味を確認してみよう→ヘリオで使う9つの天体が伝える「魂」の才能と目的とは?

現在当ホームページより始めてご依頼の方向けて『¥1,000OFF』クーポン発行中
(12/31迄)

※『ココナラ』は2021年12月で終了予定です。
クチコミ★4.9!!
ありがとうございます\(^▽^)/
>>> あなたの魂の本質(「才能」「影響」「役割」)

関連記事