▶鑑定申し込みについて

【まとめ】ふり返り星読み_2022年8月の星の会合

heriosentric202208

ありがたいことに、多くのご依頼をいただきまして、なかなかブログを更新できないでおりました。

異様な暑さにも日本中がさらされ、まだまだウイルスの脅威も消えぬ夏ですが、皆さんはお元気でしょうか?

過去を「ふり返る」ことで、その時の出来事や感覚を紐づけてみる「ふり返り星読み」です。

自己分析にはなると思いますが、あくまでも「星」から影響を受けていたのか?いないのか?の影響力をはかるヒントにお使いになってみてくださいね。

きなこ

きなこ

私達が生きている物理世界(地球)には、様々な力が働いています。未知なるエネルギーも面白いですが、まずは見えること、触れられることから調べ、そこから何を‘感じたのか?’ということを観察してみてくださいね。

ヘリオセントリックで読むエネルギーの発現や影響力は、その瞬間では意識できないものが多いです。

ぜひ「ふり返り星読み」では、数日たったあとに『残っている』あなたの感覚を手繰ってみてくださいね!


地球視点ではなく、太陽視点で見つめる占星術…ヘリオセントリック。

ヘリオ(略)では、「月」は地球の衛星として見ますので、日々の調子などを見るポイントになりません。かわりに「地球」を含めた太陽系の星々の配置から、どのような影響があるかを考えます。

「ふり返り星読み」とは、私が使用しているヘリオセントリック占星術(天体と角度のみで体感をメインに使う太陽視点の占星術)を用いて、星々からどのような影響を受けているか知る方法です。
(※このヘリオセントリック占星術は、星読み協会の森野卸土日古先生の占術です。)

詳しくはこちらのブログで解説してます→「ふり返り星読み」で“縁のある星”を探してみよう

ヘリオセントリックで見る2022年8月のふり返り星読み

先月7月は全部で12回もありましたが、8月はなんと3回のみ。

多くの変化にあわてふためくようなことはありませんが、8月の会合に関わる星と『縁』のない魂にとっては、穏やかなひとつきだったかもしれませんね。

きなこ

きなこ

全て機能を象徴する内惑星も、目的を象徴する外惑星も違う、被らない月です。

世界や周囲の変化、影響も、もしかしたら『月』のような物質的なわかりやすい変化の方が、目につきやすいかもしれませんね。

「結び」→一体となる、ひとつになる、融合、活性化、到達点、和解、信頼、幸福 など

「開き」→葛藤、向き合う、刺激し合う、問題提起、試行錯誤、活性化、スタート

特にヘリオセントリック(太陽中心の星占い)では、非物質的なエネルギーに対しての変化、変調を感じさせてくれます。
大きく見れば「世界、社会の雰囲気」そして、ご自身の「言葉や物質として表現しにくい感覚」への影響です。(ジオセントリック的にいえば、外惑星による時代への影響でしょうか)

自分の中で起きる『気づき』や『発見』、星の象徴する出来事などがあれば、皆さんそれぞれの“縁のある星”である可能性があります。

急な意識変化や、『気づき』に気がつけたなら、何か新しい人生の変化が待っているかもしれません。

※詳しくは→ヘリオで使う9つの天体が伝える「魂」の目的とは?

8月の「星の会合」一覧

※結び → 0度(コンジャクション)
※開き → 180度(オポジション)

  • 12日  23:30頃 「水星✕天王星」の開き
  • 15日  02:00頃 「地球✕土星」の結び
  • 27日 13:00頃 「金星✕冥王星」の開き

★満月→8月12日 10:36(月は水瓶座)
★新月→8月27日 17:18(月は乙女座)

2022年8月の気になる「星の会合」について

今までになく、とても「星の会合」が少ない8月。

少ないことにより、より今月の会合に影響した「星」と‘縁’を持つ人にとっては、その影響力を感じやすい月であったのではないでしょうか?

連想すること、実際に起きたこと。

想像通りで納得できることもあれば、「え?これ?」と思うようなこともあるものです。

星からのイメージや、エネルギーは、常に変化しながら届きますので、「コレは違うだろう」などと決めつけることはせず、気軽な気持ちで振りかえってみてくださいね。

きなこ

きなこ

「水星」は知性的機能、「地球」は皮膚の内側の体感、「金星」は感性への影響です。
また、「天王星」は革新的なもの、「土星」は組織的、構造的なもの、「冥王星」は破壊と創造、再生や、生死、より深い神秘などに類するものへの探求です。

テーマが絞られるので、再確認や、再挑戦することがあったかもしれませんね。

関連記事