鑑定依頼について

「占い師」と「相談者」の相性は鑑定結果に影響する?

現在当ホームページより始めてご依頼の方向けて『¥1,000OFF』クーポン発行中

※『ココナラ』でも鑑定始めました
クチコミ★4.9!!
ありがとうございます\(^▽^)/
>>> あなたの魂の本質(「才能」「影響」「役割」)

閲覧ありがとうございます。

このタイトルが気になったということは、やっぱり「当たる占い」に興味がある方なのかな、と思います。

私としましては、「占い師」だからなのか、そもそもネットだからなのか、時折、文章という平面のデータであっても、なにやらその人の「人となり」が気になる時があります。(お取引についてですよ)

それはご依頼いただく皆様におかれまして、必ず当てはまることであり、この人となり…雰囲気というものが、大いに鑑定結果にも影響しているのでは?という懸念があったものですから、少しブログに残しておこうと思います。

波長が合う。雰囲気が好き。=同じ属性を持つ相手は「好印象」に映る

星座やエレメントなど、属性によって、ある程度のコミュニケーション分野についても相性の良い・悪いがありますが、文章でのやりとりについてもこれは顕著ではないでしょうか。

  • 絵文字が多い人、少ない人。
  • 余白が多い人。
  • ひらがなが多い人。
  • 漢字が多い人。
  • 1つの文章が長い人、短い人。

SNSが普及してもう数年。

世代によっても違いはありますし、仕事上の経験によっても違いはあるのですが、それでも感じるものは皆さんもご存知ではないでしょうか?

私の場合は、占星術的に見れば蟹座の水星を持っていますので、親しみのある表現(?)をメインホームであるTwitterでは垂れ流してしまっており、なおかつ太陽双子座らしく、四方八方へブランディングを無視してツイートしているものですから、いまいち専門性に欠けているな…と常々感じております。

同じように、鑑定結果についても、庶民的な表現を意識したいと思いつつも、ご依頼者様へ提供するのは、あくまで“気づき”という事を忘れてはならない!として、なるべく平坦に、わかりやすく、余計なことを混ぜ内容に組み立て、代わりに質問やタロットメッセージの方へ、自分の個性を出してお伝えしたいなと考えております。

ブログも読ませるテクニックを除いてしまえば、その人の個性が溢れていると思うのですが、なぜか読みやすいとか、自分と似ている…と感じる人はいないでしょうか?

「好ましい」と感じているのであれば、それはその人とあなたの感性が似ている…属性が同じか近しいということにほかなりません。

たとえ厳しいことを書かれていたとしても、受け取りやすいのであれば、その方に悩み相談をしても受け入れやすい、と考えられます。

きなこ

きなこ

口コミ記事を書くライター業をしていた時に、個人的には、「電話占い」も声のトーンや話すスピードなど、かなり「相性」があるなぁと感じました。会話って難しいね!

実績や評価だけで選んだ占いが当たらない理由

どうしても相性が悪い、ということは残念ながら普通の人間には起こり得ることです。

どれだけすごい人であっても、「なんか無理」と、あなたの本能、心、魂が反応を示している場合、どれだけ有益な情報にも価値を見い出せないことでしょう。

占い師にも、これはあてはまります。

お金をかけたから、口コミがすごいから、メディアに出ているから…

「きっと良いんじゃないか?」というイメージは膨らみますが、周りの「良い」が、あなたにとっての「良い」になるとは限りません。

あえて、自分の感覚にないところの人にアドバイスをもらおう!と決めているのなら良いのですが、プロフィールやレビューへの返信を読んでみて、「なんか合わない」と感じたことが一瞬でもあったのなら、悪いことはいいません。

他の方を当たってみてください。

世の中には、全ての人に好かれることができないように、「なんか合わないなぁ」という人はいるものです。

数字や言葉で証明できることと、できないことが混在している世界で、ネットというカタチが見えるツールを使うということは、何を重視してよいか悩みますよね。

耳障りの良い言葉、見栄えの良い画像。

“ちゃんとしていそう”という印象は大事なのですが、結果を文字で受け取るのであれば、同じ感性を持つ方から受け取った方が、『鑑定結果』も飲み込みやすいです。

あなたにとって、わかりやすく、共感できる言葉を選ぶことは、アドバイスとして活用しやすいということですから、難解すぎる、キツイ印象を受ける、またはぼんやりしすぎていると感じたなら、よくその占い師の言葉使いが見えるページやブログを読んで、確認してみてください。

また、今は「キツイ言葉であっても、はっきり教えて欲しい」「倒れそうなメンタルなので優しくして欲しい」という、気分にまかせて選ぶことも大切です。

その状態のあなたが望んだことですから、よりフィーリングの合う気持ち重視の占いや占い師を選ぶと良いでしょう。

占いで「失敗した」をいう体験を減らすためには、「占い師との相性」も考えてみよう

占いに依存するジプシーへ向けてではなく、「占いというものを楽しむ方」へ向けてお伝えできること。

まずは、あなたの感性にあった人を選ぶこと。

占い師も「人間」です。

ファンになりすぎて盲目的に信じ切るのは危険ですが、自分にとってわりやすい言葉、感性であるということは、伝えられる鑑定結果も理解しやすいものである確率が高まります。

・何を言っているかわからない
・抽象的すぎてわからない
・文字が多くて何を言っているかわからない

これらは全て、表現方法と受け取り方、想像力が互いに噛み合っていないから起きています。
(文章表現が上手な方、理解力が高すぎる方は不便はないのでしょうけども)

「占い」は、趣味でも無い限り頻繁に受けても“気づき”は得られませんから、ぜひ効果的に、鑑定を受けていただけれいいなぁと思います。


(占い師側からもミスマッチを減らすという意味で)

きなこ

きなこ

より良い「占いライフ」を送りましょうね!

ちなみにkinako(きなこ)はこんな人間ですよ〜
プロフィール

現在当ホームページより始めてご依頼の方向けて『¥1,000OFF』クーポン発行中

※『ココナラ』でも鑑定始めました
クチコミ★4.9!!
ありがとうございます\(^▽^)/
>>> あなたの魂の本質(「才能」「影響」「役割」)

関連記事