西洋式臼井レイキ伝授開始しました

【まとめ】2023年7月のヘリオセントリック星読み │星の会合

お知らせ
★6月限定キャンペーン実施中★

★6月限定!ブログ申し込み16%OFF中★
→今月は1,000円以上のメニューが16%OFFやっています!

詳しくは鑑定依頼についてより、当ブログサイト申し込みページをご覧ください

太陽中心のヘリオセントリックで読む2023年7月の雰囲気について

ジメジメとした湿度と暑さ…
学生様は、もうしばらくすると夏休みでしょうか?

頑張る大人たちに向けて、私もゆるゆると星の会合をお届けしてまいりたいと思います…!

きなこ

きなこ

この2023年7月は、全部で9回!

1日に2回の会合を迎える日もあり、「開き」も多いし、
ちょっとソワソワしそうな雰囲気ですよ!

「星の会合」とは

太陽中心の星占い「ヘリオセントリック」。

当サイトでは、一般的な「星占い」とは違い、地球から見上げる星の位置から探る方法ではなく、太陽から見た【地球のわたし】を紐解く占いとして提供しております。
(※ヘリオセントリックでわかることについてはこちらをご覧ください
 → ヘリオセントリックの星読みでわかる「あなたの魂の姿」とは?

・水星から冥王星までの9つの天体が、太陽を挟んで角度を成した状態を「星の会合」と呼び、その角度を成した星の組み合わせと角度の意味から、その日の雰囲気やテーマを読み解きます。

「ふり返り星読み」とは

・前もって「星の会合」を意識して動くのではなく、後日その星の影響を感じ取ることで、「自分も宇宙の一部である」「天体の影響を当たり前に受けている」と感じるための方法です。

※物質的な具体的事項は、一般的なジオセントリック(地球を起点とした星占い)で読み解きます。(当HPでは主として取り扱ってはおりません)

※9つの星の意味についてはこちら→ヘリオで使う9つの天体が伝える「魂」の目的とは?

星の会合については、「メルマガ会員様に先行お知らせ」しています!

2023年7月にはどんな星の繋がりが起こる?

今回は「開き(180度)」という配置が多いため、

・向き合う
・対立する
・スタートを切る
・独立する

というテーマ性のある星々のエネルギーを感じたり、目撃するひと月かもしれません。

ヘリオセントリックで見られるのは、「個別の肉体に対する変化・変質」ではなく、「事象というエネルギー」が多いと思いますが、今月は

・7/1  水星✕地球(開き)
・7/16 水星✕火星(結び)

に、肉体機能同士(内惑星同士)の繋がりがあります。

活発になりすぎて疲れたり、頭痛が起きたりと、「水星」や「地球」「火星」と縁がある方にとっては、わかりやすい影響を感じるかもしれません。

また、「冥王星」に関する会合が3回あります。

予想外の衝撃的なことに遭遇したり、巻き込まれたり、目が話せなくなってしまったり…
まさかの不可思議体験や生死を伴う一大イベントを経験する…

なんてこともあるかもしれません。

きなこ

きなこ

怖そうな響きがある「冥王星」の生と死、破壊と創造という象意!

ただ、そこには本質を気づかせ、本質に基づいた生き方をさせるという宇宙の営みへの強制方向転換みたいなものがあります。

一瞬は大変でも、きっとあとから「いいこと」に転じるはずです…!

大きな太陽系の動きに対しては、「備える」ことは
ほぼ不可能なため、「必然」という

起こるべくして起きたこと。
ソレを経験するために生きているといこと。

を思い出すことで、糧にしていただければと思います。

自分の縁のある星を探したいなら…
→ヘリオチャートを出してみよう!
「ふり返り星読み」で“縁のある星”を探してみよう

7月の「星の会合」一覧

※結び → 0度(コンジャクション)
※開き → 180度(オポジション)

  • 1日 14:00頃 水星✕地球  開き
  • 4日 21:00頃 水星✕冥王星 開き
  • 11日 01:15頃 水星×土星   開き
  • 14日 12:00頃 火星×海王星  開き
  • 16日 06:45頃 水星✕海王星 開き
    〃  11:45頃 水星✕火星   結び
  • 22日 12:45頃 地球✕冥王星 結び
  • 26日 02:30頃 水星✕木星  開き
  • 31日 09:00頃 金星✕冥王星 結び

★満月→7月3日  20:39頃 山羊座満月
★新月→7月18日 03:32頃 蟹座新月

「結び(0°/コンジャクション)」→一体となる、ひとつになる、融合、活性化、到達点、和解、信頼、幸福 など
「開き(180°/オポジション)」→一対、対面する、向き合う、活性化、スタートする、独立、バランスを崩す など

■角度の意味について詳しく知りたい時は…
ヘリオセントリック占星術│角度から読む「役割」
■天体の意味について詳しく知りたい時は…
ヘリオセントリックで使う9つの天体が伝えてくれる「魂」の目的とは?

2023年7月の気になる「星の会合」について

それではTwitterに投稿していた「星の会合」に対する「ふり返り星読み」について、読み返してみましょう。
(随時更新)

7月1日「水星✕地球」の開き

7月4日「水星✕冥王星」の開き

7月11日「水星✕土星」の開き

7月14日「火星✕海王星」の開き

7月16日「水星✕海王星」の開き、「水星✕火星」の結び

7月22日「地球✕冥王星」の結び

7月26日「水星✕木星」の開き

7月31日「金星✕冥王星」の結び

ふり返ることで気づける「星からの影響」

よく占星術では、未来についての予測を立てますが、ヘリオセントリックではそのようなことはできません。

太陽視点であるために、「地球といういち天体に発生知る事象の予測はほぼ不可能」であるためだです。

では、ヘリオセントリックでの星よみは何をするためにあるのか?

答えは単純で、「誰もが必ず天体の影響を受けている」ということを知るためです。

ヘリオセントリックで見つける「星からの影響」
「個人の思考・主観」は関係のない「星から受けている影響」を知る

どうにもならないことは世の中には必ずあり、それは当然であるという「当たり前を知る」ことができるのです。

これを知ることで、

・なんでも自分でコントロールできる(=やっていない・できていないから自分はだめだ)

という「思い込み」が外れ、「宇宙という大きな枠組みの中で生きること」や「○○主義」という優劣の2択しかない苦しい世界や、価値観からの脱出が可能となってくることでしょう。

人はいつだって、「自分の認識する世界」と「星から影響を受けている世界」が混在する

「ふり返り星読み」は、とても簡単な「世界に働く力」を感じることのできる自由な星読みです。

難しいテクニックはなく、ただ過ぎた日々を思い返すだけでOK。

誰もが唯一の感性、感覚を持っている。

誰にでも予想外の影響、出来事は訪れる。

ただ「それだけ」を改めて感じる行為です。

日々に疲れ、悩んでいる方こそ、少しずつでよいので、あなたの中の価値観をアップデートしてみてくださいね。

その他の会合について

2024年
4月5月│以降中止

2023年
1月2月3月4月5月6月

2022年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

2021年
8月9月10月11月12月

私たちは色んな意識や観念の中で生きている!
自分で答えを見つける努力とは向き合うこと
心地よく生きるための取捨選択方法
「生きづらさ」の原因かもしれない無意識との付き合い方

関連記事